RIGOLのMSO5000シリーズのオシロをPythonから制御した例を紹介します。


NJU6080という定電流LEDドライバをマイクロマウスの赤外線発光回路に使えないか検証しました。


マイクロマウスでずっと使っている壁センサについて紹介します。


J-Linkを使ってコマンド一発でマイコン(STM32)のFlashにプログラムを書き込む方法の紹介をします。


BLE経由で温度湿度気圧データを収集する、いわゆる環境センサを作りました。 コイン電池で1年以上動き続けます。


KiCad + FusionPCBで端面スルーホールを作ることができました。 簡単にESP-WROOM-32の基板のような端子が作れます。


KiCad5では以前よりも簡単にviaを打てるようになりました。 結果としてベタパターンにたくさんviaを配置するのがとても楽になりました。


STM32用のC/C++のコードをCMakeでビルドする話です。


以前書いたSTM32のFlashにデータを保存する話のCubeMX+HALバージョンの話です。


最近マイクロマウス界隈で話題になっている目標軌道に追従する制御について、 自分のやっていることを書きます。Part2


最近マイクロマウス界隈で話題になっている目標軌道に追従する制御について、 自分のやっていることを書きます。Part1


MATLABの離散時間PIDコントローラーの軽い紹介とC++での実装例です。


C++でM系列信号を生成するのを作りました。