armデバッガのJTAGやSWDの線をいい感じに引き出す基板を作りました。 J-Link用にUARTや電源も引き出してあります。


J-Linkには仮想シリアルポートになる機能があることを知りました。 その使い方を紹介したいと思います。


CMSIS DSPのarm_sin_f32とarm_cos_f32でハマった話と使用上の注意。


ARMアセンブリを使ってnucleo(STM32F103)でLチカをします。
rogy Advent Calendar 2017の11日目の記事です。


マイコン用にログを整形して表示するC言語のライブラリを作りました。 簡単に使えます。


2017年マイクロマウス全日本大会に出場し、オカリナを演奏してきました。 この記事は大会の色々と今年のまとめです。


STM32のFlashに電源を切っても消えてほしくないデータを保存する方法を調べて実装してみました。


FreeRTOS上で動作しているタスクのスタックサイズ、実行されていた時間を調べてみました。


マイコン用デバッグプローブであるJ-Linkが超便利なので紹介します。 J-Linkを購入しなくても、STLink・LPCLinkをJ-Link化する方法も紹介します。


コミケC92の1日目に東そ04bにてBART、UARTを簡単に無線化するモジュールを頒布します。


蔵本モデルをLEDとマイコンを使って可視化するものを作りました。 基板をつなげるとLEDの発光パターンが同期していきます。 MFT2017で展示します。


システム同定により、マイクロマウス機体(独立二輪駆動型の移動ロボット)の 左右のモーター電圧から車体の回転並進速度への伝達関数を出してみました。


suicaなどの電子マネーカードにチャージされている金額を読み取って表示するデバイスを作りました。